気になる総量規制とクレジットカードの関係性

金融業界に、貸金業法に多少なりとも知識のある方なら聞いたことがあるかもしれません。
「総量規制」という言葉。この法律により個人融資も年収の3分の1以上借入れることができなくなり、銀行や消費者金融の審査基準にも大きく影響が出ました。
金融業界全体に当時の大蔵省から指導が入ったのです。
この法律がバブル経済の崩壊を招いたのですが、それはまた別のお話…。
さて、これからクレジットカードを作って、それでショッピングを楽しもうと思っている皆さんが気になるのは、この総量規制がどこまでクレジットカードに関わってくるのか。
クレジットカードを使ってお得にキャッシングが可能なのは皆さん誰しも知っているだろうこと。ということはクレジットカードを作ることができるのも申し込みを行った人の年収の金額に関わってくるということでしょうか?


総量規制とクレジットカード発行は無関係

結論から言うと、クレジットカードを作る時にはこの総量規制がかかることはありません。
ですがまったく無関係ではないのもまた事実。
総量規制と個人融資の関係は年収の3分の1以上の借り入れが規制されるというもの。ということは持っているクレジットカードのキャッシング枠が年収の3分の1以上になるとここでようやく規制がはいるということ。
クレジットカードの中には、年会費が無料、そしてキャッシング枠が最高で500万円まで設定可能という特殊なACマスターカードが存在します。
そういったカード以外なら、カードを使って本格的にキャッシングを希望している人はそこまでいないのではないでしょうか。あくまでショッピング枠の補助。それがキャッシング機能です。
借り入れが容易なこともあり、金利も少し高めに設定されているということもあります。


そんなにたくさんのカードを持つ必要はない

総量規制にひっかからないのだとしても、一度に何枚ものカードを作る必要はないはずです。
普段の生活の中で使うメインカードが一枚。限られたシチュエーションでお得に使えるカードが一枚。そして旅行用に一枚。まずはこれだけの備えがあれば十分なはず。
カードをたくさん作るということは、それだけカードごとに管理する能力、時間が求められるということ。そして盗難や紛失した際のリスクも高まるということ。
そもそもクレジットカードを持つ動機が「生活をもっとお得に、安定させること」だったとしたら、こんな気分で日々の生活を送るのは本末転倒なはずです。
もっと生活を豊かにするためにたくさんのカードが欲しいのはわかりますが、まずは少ないカードの管理から始めましょう。