年会費無料じゃないとポイントはお得じゃない!?

お得なサービスがたくさん揃ったクレジットカードでは年会費や入会費など発生するのが通常ですが、ポイントを貯めるという観点から見ると発生の有無による差はかなり大きいといえるでしょう。
そこで、今回はお得にポイントを貯めていくためにはぜひ知っておいていただきたい、ポイント制度のからくりについて分かりやすくご説明いたします。


クレジットカードで貯まるポイントはどれくらい?

クレジットカードを選ぶ際には還元率が何%かというのを一つの指標としている方が多いと思いますが、実際にクレジットカードを利用していてどれくらいポイントを貯めることが出来るのでしょうか。
たとえば、一般的なクレカではポイント還元率は0.5%程度と言われています。
これは、1万円を利用した際に50ポイント貯めることが出来るということを示しており、1万円分貯めるためには200万円利用しなければいけないということになります。
200万円利用するためには毎月15万円以上利用していかなければならず、かなりのヘビーユーザーでなければ達成することが出来ないでしょう。
そのため、毎年1万円の会員費が必要なクレジットカードであれば、ポイントの面だけで見るとかなりのペースで利用していかなければ元を取ることが出来なくなっています。
実際には会員費が必要なカードではポイント還元率も高めに設定されていることもあるので、200万円以下の利用額でポイントだけで会員費を賄うことも可能となっていますが、現実的に考えてポイントで得をしたいと考えている人は会員費のかからないカードを選んだほうがベターでしょう。


年会費無料にも色々種類があるので要チェックです!

年会費無料といわれているクレジットカードの中でも、無料となるための条件が色々と設定されているものもあるので注意が必要です。
たとえば、年間のうちで一度でも利用したことがあればタダになったり、年間数万円以上の利用で適用されたりするなど条件はさまざまです。
そのため、単純に会員費が要らないという理由だけでカードを選ぶのではなく、自分の利用プランで条件を満たすことが出来るのかどうかというのも重要となるでしょう。
もちろん、条件を満たす必要もなくデフォルトで会員費が必要ないカードもありますが、ポイント還元率はそれぞれのカードで違いがあるので、ポイントをお得に貯めていきたいという方はそういった点にもご注意ください。

このように、ポイントという観点からクレジットカードを選ぶ際には入会費など注意が必要です。
せっかくポイントをコツコツ貯めてもそれ以上出費をしてしまったのでは意味がありませんので。
もちろん、費用の高いカードではその他のサービスも充実しているので、今回はあくまでポイントという観点から見た結果ということはご留意ください。