年会費無料のクレジットカードとゴールドカードの違いとは?

クレジットカードには年会費のかかるカードと無料のカードがあります。
前者のカードにはゴールドカードなどが分類され、後者は楽天カードなど手軽に作れるクレジットカードが分類されます。
一見するとお金のかからないクレジットカードの方がお得だと思われる方も多いとは思いますが、ゴールドカードには充実のサービスなどお得がたくさんなので一概に言い切ることは出来ません。
そこで、今回はゴールドカードと一般カードの違いについて分かりやすくご紹介。
これを参考に自分にあったぴったりの一枚を見つけられてみてはいかがでしょうか。


ゴールドカードには旅行保険といった高級なサービスが充実

ゴールドカード最大の特徴といえば旅行保険といったサービスが充実しているという点にあります。
クレジットカードといえば海外で利用することを考えている方も多いとは思いますが、ゴールドカードでは海外旅行傷害保険などの旅行保険が充実しているので、もしもの時にも持っておくだけで安心することが出来るカードとなっています。
もちろん、一般カードの中にも旅行保険を付帯しているカードというのはありますが、やはり最大補償額などには大きな差が出てくるので、よく海外に行くという方はこうしたゴールドカードを利用した方が良いといえるでしょう。
逆にそういった機会がないという方は無駄な費用がかからないカードの方が適しているかもしれません。


クレジットカードは社会的ステータスにもなるのでご注意

クレジットカードを作る際には信用情報などの審査が必要となるので、持っておくだけで一定の社会的ステータスになるというメリットがあります。
その中でも特に審査が厳しいとされているゴールドカードであれば、持っておくだけである程度の信用を勝ち取ることが出来るといえるでしょう。
こういった理由のためにゴールドカードを持ちたいと考えている人は意外と多いのです。
大人になるにつれて社会的信用度が高いかどうかというのは大きな問題となります。
会計時などにさりげなくゴールドカードを出すことができれば周囲からも一目置かれること間違いなしです。
ゴールドカードにはこういったメリットもあるということを忘れてはいけません。
しかし、ゴールドの審査というのはかなり厳し目のものなので、まだ働き始めたばかりといった社会人の方ではなかなか利用することが出来ないでしょう。
そのため、まずは年会費が無料であるクレジットカードを利用するというのが賢明な判断といえるかもしれません。
そこで信用実績を作っておくことで次回の審査にもきっと通りやすくなるはずです。