クレジットカード決済より現金決済の方が真面目?

この間街でふと耳にした言葉にこんなものがありました。
「あんな金額を現金で払うなんて、あの人は真面目なんだね」
大きな金額を支払う時に、それに見合った現金を用意するのは難しいですし、大変です。それをクレジットカードで支払わないで現金で決済する。確かに支払うのが大変な現金を持ってくる手間時間を考えると、それをいとわないその人は確かに多くの労力をもってその支払いを行ったのでしょうし、リボ払いや分割払いに頼ることの無いその支払い能力も確かに大したものです。
ですがクレジットカードで支払ったからといってその支払いに真摯さが感じられないかと言うとそんなことも無いはず。
個人的な話をすると、この間レストランの食事代を支払うときに楽天カードを使い、「ああ、こんなレストランの支払いなら、年会費無料のカードではなくてもっと豪華なステータスを誇るクレジットカードを持っとくべきだったな」と思ってしまいました。
ですが本当に大切なのは社会的な外聞を気にすることではなく、一番自分にとって利便性の高い方法で支払うことです。


クレジットカードで得られるポイントは金額が大きいほど多い

カードごとに異なる還元率によって得られるポイントは、その支払い額によって決まります。
その支払い額が大きければ大きいほど、そしてそのクレジットカードが設定するポイント還元率が高ければ高いほど、多くのポイントが手に入るのです。
つまりその大きな支払いにこそ、クレジットカードを使って支払わないともったいないのです。現金だろうとクレジットカードだろうと、どうせ支払うことになるそのお金。それならその後良い結果を残すことができるやり方で支払う方がより良い未来を手に入れることができるはずです。
そしてそれは旅行で使えるマイルも同じ。直接ショッピングマイルが貯まるカードでも、ポイントをマイルに変換するカードでも、大きな支払い額にこそ対応しているのが特徴です。


格好つけている場合では無い

節約にはげんでいる人ならより、そのショッピングなどの支払いで人の目を気にして格好をつけている場合ではありません。少しでも支払うことになるお金を少なくして、その後の生活をより良いものにするのが最善のはず。
見ず知らずの店員さんや、もう気心しれた相手に見栄を張っている場合ではないのです。確かにビジネスシーンなどにおいては支払うクレジットカードの種類は多少重要になってくるものの、それ以外の支払いはできるだけすべてクレジットカードで行うことにしましょう。