クレジットカードのショッピング注意点

特に女性が多いのですが、ショッピングで快感を覚えてしまう人は多いです。
その商品が自分にとって必要なのかどうか、ではなくてそれを買うということそれ自体に満足感を得てしまう人。これは決して珍しい話ではないのです。
日々のストレスをちょっと値段が高めの服やアクセサリーを購入することによって発散するのは、特にショッピングの選択肢が多い都会に住む現代人に多くみられる傾向です。
そんな日々の買い物、休日のふとしたショッピングを強くアシストしてくれるものこそクレジットカードなのですが、ここで強い後押しを受けられるからこそ、羽目を外しすぎてカード利用額がとんでもないことになってしまう人もまた、珍しくないのも確かです。


クレジットカードによってショッピング中毒になってしまう人

ご存じのとおりクレジットカードは審査で決定した限度額までなら自由にショッピング、支払いが可能です。年会費が無料のカードよりも高級なカードの方がこの限度額設定を高くすることができます。
より上級のプラチナカードなんかになるとこの限度額設定が定められず、いくらでもカードで支払いが可能。ということもあるくらいです。
つまり現時点で財布に一円も現金が入っていなかったとしても、クレジットカードが一枚あれば問題なくショッピングが楽しめるということ。この性質のせいで「まるで魔法のカードだ」と自分の中でセーブしないカードの利用を続けてしまう人が珍しくありません。
そういった使い方にはまり込んでしまうとやめられない、中毒になってしまう人がいます。
一枚限度額いっぱいまで使いきってしまうとまた別のカードでショッピング…こんなことを続けて、自分の収入でその利用額を支払うことができるわけがありません。
この使い方はカードローンなどのキャッシングと何も変わりません。年会費が安く、審査も甘いカードは確かに多いですが、まずは少ないカードの利用でカードでのショッピングのコツをつかみましょう。


ネットで小刻みにカード明細を確認して

最近はインターネットでカード利用明細を確認する方式がすっかり増えました。
月に一度家までカード利用明細が郵送されるのではなく、いつでもログインしていまどれくらいのカード利用代金となっているのか。それを逐一確認しておけば使いすぎてしまうことを防ぐことができるでしょう。
しかもこのカード明細をインターネットで確認する方式を選ぶことでポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しているカードなんてものもあるので、紙で利用代金を確認するのよりも多くのメリットがあります。